HOME >> 施工事例 >> 洋風 >> こだわりの洋風クラシックレンガタイル門構 福岡市 S様邸

こだわりの洋風クラシックレンガタイル門構 福岡市 S様邸

洋風クラシックレンガタイル門構

施主様のこだわりアンティーク感を出すべく何度もお打ち合わせをしていただきプロヴァンス風の洋風新築にマッチした門構です。

家の外壁と合わせた塗装壁にクラシックなレンガタイル貼を部分的に施し、アイアンのフェンスを建てました。

このような壁と壁の間に埋め込むように建てるフェンスを通称「ブロックフェンス」と呼びます。

simo様邸②

施主様オリジナルのセレクト表札。

アンティーク調の陶器タイルです。

その上には、アンティーク調のブラケットランプを設置。

 

simo様邸③

門柱の後ろは植栽スペースを設置。

写真奥手にシマトネリコ。手前側にカツラを植えました。

シマトネリコは常緑樹で比較的育てやすく強い品種の木です。

カツラは落葉樹で冬場は葉が散ってしまいますが、葉の形がハートの形をした愛らしい木です。

simo様邸④

門柱のちょうど後ろ側に創作立水栓を立ち上がり部と、水受け縁取をレンガ造にて受け皿部はコンクリート造ですが施主様が以前お持ちになった花柄のモザイクタイル貼でワンポイント。

お問い合わせはこちら