HOME >> スタッフブログ >> お仕事

お仕事

2016年9月20日

テーマ:お仕事

問屋会主催の研修へ行って参りました。

komagane1
九月初め、問屋さん主催のLIXIL研修会へ行って参りました。
場所は長野県の駒ヶ根という山奥です。

この研修センターはLIXIL の社員さん曰く、
「エクステリアの聖地」と言われるそうです!!

この研修会で、LIXILさんのエクステリアに対する思い、
お客様へ伝えたいメッセージを新商品の紹介を
踏まえて学んで来ました。
komagane2
右の写真はエクステリア商品の試作品や、耐久テスト等
の試験で使われたものです。

中々、お目にかかれるものではないです。
この数々のテスト品、試験の繰り返しでクリアーした
商品が皆様のお家でエクステリア商品として活躍できるのです。
komagane3
この研修では実際に自然浴を体感しました。
写真は早朝撮影したものです。
デッキの上で、緑に囲まれて過ごすひとときが
こんなに気持ちいいとは・・・・


komagane4
お庭にここのほんの少しでもいいのでお客様に
清々しい体験をしてもらいたいなとプランナー
ながらしみじみと思いました。

ほんと、気持ちいいです!!!!
jima
そんな素敵なガーデンライフを提供するLIXILさんの
新商品サンルーム「ジーマ」です。

商品説明を聞きまして、「ほぉー」っとなる
機能がいっぱいの商品です!!

お客様のガーデンライフを一層、快適にしてくれる工夫がいっぱいされております!!また、詳細はおってご紹介いたします!!

2016年9月12日

テーマ:お仕事

IMG_5708
今回ご紹介したいのは、
LIXILの”L-1ポスト”です。
シンプルなデザインで、写真のようにポール建てもできますし、壁につけることもできます。
IMG_5710
ちょっと見にくいと思いますが、
側面にボタンがあり、暗証番号を押すとオートで開きます。
電源は電池で、切れる前にお知らせもしてくれます。
IMG_5712
内部にはLED照明付で暗い時間でもよく見えます。
暗証番号のボタンも光ります。

IMG_5711
今までのポストは、防犯対策をすると、開錠するのに鍵が必要だったり、ダイヤルを回したりしないといけませんでした。
こちらのポストは、側面のパネルをピッピッピッピとタッチするだけです。
開錠するのも楽で、大型投函物も投函でき、見た目もかっこいいポストが6月に発売開始しました。
LIXILの製品という事で、しっかりした作りで、とてもお勧めです。

2016年9月6日

テーマ:お仕事

b9b1213d23d8966535d84d6c1c44871e
こんにちは。

先日の台風12号の影響も少なく、本日もお庭造り日和な天気となっていますね


本日は、東洋工業様のレイルスリーパーラフトのご紹介です。

この商品は、線路等で使われる枕木を、その存在感と深い味わいをどくまでも追及し、コンクリートで再現された商品です。

色は二色展開で、あえてアンティークさを追求した”オールド”と

b15ff724e6b5d5c360db51b1efbef934
サイズバリエーションも豊富で、30cmのものから1.8mのものまでございます。
f4e0c54940cb54dcf2980760ef405544
こちらは弊社施工の一例です。

こちらの物件では”リッチ”を使用し、ナチュラルテイストなイメージを演出してくれています。


おしゃれで素敵なお庭をご希望のかたは、 leafgarden までご相談くださいませ

2016年8月29日

テーマ:お仕事

以前手がけた現場へ行ってきました!!

門柱1
先日、東区方面の現場状況確認へ行ってきました。
東区、福津市は、新築が多く建っている事
もあり弊社もよくお仕事させていただきました。

以前お世話になりました現場のファサード
周り撮影しました。
門柱2
訪問して感じた事は、施主様がとてもきれいに
お手入れされている事です。
階段周りや、門柱は、経年で汚れが
附きやすい所ですが、とてもきれいに
されていました。

そして、何より、植栽がとても元気に
育っておりました!!
かつ良くお手入れされているので
とても大切にされて
いるのが伝わりました!

門柱3
弊社が手掛ける門柱はブロック積の
塗装仕上でシンプルなものが多いです。
ですが、表札や穴開きブロックなど、
ワンポイントアクセントを加えるだけで
オリジナリティが出ます!!
門柱は住宅の「顔」とも」いえる所ですし、
コストの幅もいろいろです。

2016年8月23日

テーマ:お仕事

IMG_29411
今回はこちらのマンションのエントランスの改修工事をさせて頂きました。
シンボルツリーのヒイラギモクセイがかなり大きくなり、
左右に階段があるいのですが、スロープが必要な住人が増えてきたという事で依頼がありました。
IMG_56091
シンボルツリーは剪定し、すっきりとした姿にして残しました。
花壇、壁面の塗り物、タイル、手すり全て新しくしました。
IMG_56101
駐車場との兼ね合いで、限られたスペースでスロープを作るために、折り返しの形にしました。
高低差が1mほどあり、車椅子で自走するには少しキツイ勾配ですが、介助者に押してもらう前提で計画をしたことでシンボルツリーを残しつつ、与えられたスペースの中でスロープを作ることが出来ました。